ぴったりサイズのオーダーシャツ

男性用のシャツは、裄丈と首回りの寸法の組み合わせから選んで購入するものですが、ある程度のバリエーションがあっても自分にぴったりのものが見つからないという人も多いものです。一般的にシャツのサイズ選びでは、首回りは第一ボタンをしめた状態で指が二本程度入るゆるみが必要になり、また裄丈では首の付け根の中心からスタートして肩山を通り、くるぶしまでの長さが理想的であり、ジャケットを羽織った時にはシャツがちらりと見えることが正しい着用法になります。既製品ではサイズが合うものがなくて妥協をして着用しているのであれば、オーダーシャツを利用してみるといいでしょう。オーダーシャツでは、フルオーダーになれば高級品になってしまいますが、セミオーダーであればあらかじめ用意されている中から選んで組み合わせるだけなので手の届かないものでもありません。

バストやウエスト、ヒップや肩幅、袖丈や着丈、首回りや袖口寸法など多くの部位の計測が行われるので、普段は既製品でもサイズが十分あうという人でもさらにぴったりの一着を作ることができます。オーダーシャツの魅力は、サイズだけではなくデザインも好みに合わせて作ってもらえるという点にあります。生地やボタンなど素材の選択であったり、衿やカフス、ポケットなどの部分的なパーツも選ぶことができます。組み合わせの数は数えきれないほどになり、他の人とも被ることがありません。

オーダーシャツで自分だけの一着を手に入れてみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする