立体駐車場をメーカーごとに比較するなら - 立体駐車場をメーカーごとに比較するなら
  • 立体駐車場をメーカーごとに比較するなら

    立体駐車場を、どのメーカーで建築して運営するのか検討するときは、建築コストとランニングコストに注目しましょう。


    建築コストは、立体駐車場の規模で大きく変わります。


    ランニングコストは効率性と回転率が影響します。
    建築コストを面積単位で計算すると、必ずしも大きければコストが高いとは限りませんので、最終的には予算の範囲内で決定します。

    今、評判なのはこちらの立体駐車場のメーカー情報はこちらです。

    多段式よりもタワー式のほうが高さがありますので、建築費用は高くなりますが、一台あたりの駐車スペースのコストで計算すると、安く感じられる場合もあります。



    立体駐車場を建築するメーカーは、建築コストだけでなくランニングコストも把握しています。
    ランニングコストとは、駐車する自動車の一台あたりのコストで計算します。

    基本的にタワー式よりも多段式のほうが、駐車台数は少なくなりますので、駐車場利用料としての収入は大きく異なります。ランニングコストは多段式のほうがタワー式よりも安くなる場合が多く、メーカーは敷地の形状と面積を調査しながらアドバイスしてくれます。
    立体駐車場の高さと大きさ、それぞれの規模によって建築コストは大きく変わりますが、ランニングコストに関してはケースバイケースです。



    多段式のほうがランニングコストは安くなりますので、安全性を重視したい場合や、狭小地の場合は多段式のほうが維持管理しやすいです。
    タワー式でも多段式でも、メンテナンスは必須です。
    定期的にメンテナンスを行い、安全確認を優先してくれるメーカーが心強いです。