• 立体駐車場の種類と耐用年数

    • 平面の駐車場とは異なり多層や立体化されたつくりの駐車場のことを立体駐車場と呼び、自走式と機械式の2種類に大きく分けられます。

      自走式はドライバーが運転して空いている駐車スペースを探して場内を走行するタイプで、巨大なショッピングモールなどに併設されています。

      立体駐車場の最新情報を紹介します。

      下から上にグルグル回りながら走り、駐車できるスペースがないか探し回った経験を持つ人も多くいます。
      都心部でたくさん見ることができる機械式はタワー型と多段型があり、ドライバーが乗っていない状態の自動車が勝手に運搬され収容されるのが特徴です。

      自動車を乗せたパレットが上下して出し入れするシンプルなタイプのものや上下だけでなく左右にパレットが動いたり、高層タワーのような構造を持ち内部で自動車を循環させるものなど様々あります。機械式の立体駐車場は自走式と比較して傷をつけられるとか盗難の被害を受けにくく、利用料金が割安になところがメリットです。



      しかし出し入れに時間がかかることが多く、名前の通り機械で動かしているため停電してしまうと自動車を出し入れすることができなくなってしまいます。
      自走式よりも自動車の高さや横幅の制限がシビアなため、すべての車種が出入りできるとは限らないため注意が必要です。



      自走式プレハブ立体駐車場の場合は主要な構造部分は金属でできているため耐用年数は約15年で、壁で囲まれた鉄筋コンクリート造りの場合は耐用年数が38年と大幅に長くなります。

  • 駐車場の知識を増やす

    • 立体駐車場の種類とメリット

      立体駐車場とはスカイ・パーキングとも言い、マンション等の集合住宅やデパート等の大規模小売店で小さなスペースで、より多くの自動車を駐車する為に考案された駐車場であり、その為2階以上の階層を有する駐車場の事を言います。立体駐車場は大きく分けて2の種類があります。...

  • 駐車場の特徴

  • 駐車場のわかりやすい情報・駐車場のためになる情報