• 立体駐車場のメーカーに問い合わせたいポイント

    立体駐車場を経営したいときは、メーカーに利便性を問い合わせておきましょう。

    立体駐車場のメーカー関する便利な情報が満載です。

    利便性で重要になるのが、どのような状態で駐車されるのかです。

    ポイントは前進入庫と前進出庫が可能かどうかになります。

    前進入庫と前進出庫が可能であれば、ドライバーにとって利用しやすくなります。タワー式と呼ばれる立体駐車場は、基本的に前進入庫と前進出庫が可能なメーカーが多いです。

    タワー式は大規模になりますので建築費用もかかります。
    タワー式ではなく多段式の立体駐車場ならば、建築費用を抑制できます。
    多段式の場合は、前進入庫と前進出庫ができないメーカーかが多いです。
    多段式の立体駐車場は、前進入庫の方式ではなく、バック入庫になります。



    多段式はパレットに車を載せる方式なので、バックで駐車しなければならないからです。

    駐車するだけであれば、それほど問題にはならないのですが、出庫前に所持品を取りにに戻ったときは、いったん駐車場から出庫させなければならなくなります。
    パレットに車を載せているからです。利便性が少し損なわれてしまう可能性があります。
    立体駐車場の利便性は、実際に運営している立場から見るだけでなく、利用者目線も重要になります。



    メーカーの営業担当者のなかには、実際に自動車を運転してみて入庫と出庫を繰り返しながらチェックをする人もいます。徹底した利用者目線が、利便性を備えるポイントです。タワー式も多段式も、入庫と出庫の所要時間は混雑に影響されます。

    あくまでも単独での利便性が違いになります。