男性がスーツを購入するとき

ほんの数年前までクールビズが始まる前には男性の仕事中の普段着といえばスーツの上下が主流でした。背広、ズボン、ワイシャツ、ネクタイこの4つは必需品でした。6月の模様替えには背広は取ることができましたが(職種にもよりますが営業の方は残念ながら今も背広すら取れていませんね。)やはりズボンはスーツのまま着用するのでひと夏で生地が痛むことも。

そしてネクタイはつけて。今では暑苦しくてとてもしたくない服装ですが当時は当たり前と思っていたのでそこまで気にならなかったものです。(温暖化も騒がれていましたが、今ほど暑くなかったような気もします)しかし、今はクールビズが主流となり夏場にスーツを購入する機会は本当に激減し、クールビズ対応のズボンを数着購入し、ネクタイは夏場はつけない会社が多くなりました。(そんな中でもまだまだ営業の方は暑い中ネクタイ、背広をつけたまま、ご苦労様です)ワイシャツも白を着る機会はほとんどなくなりました。

その代わりカラフルなカラーシャツを着用する機会が増えてきました。そう考えるとおしゃれな服装を夏場に意識する場合、今は上下を着用することはほとんどないといえるのでしょう。時代の移り変わりで服装が変わっていくことは決して不自然なことではありません。夏場は今後もっと軽装になってもおかしくなくなってきているといえます。

それこそワイシャツも着用しないスーパークールビズよりもさらに軽装になればクーラーの設定温度があがり温暖化対策に一役買うのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする