住所のみのバーチャルオフィスの利用価値とは?

事務所を構えるとなると、家賃がそれ程高くない物件でも敷金もしくは保証金が家賃の半年分や1年分など、入居する際の初期費用が高額になりがちです。会社を設立したときには、株式会社であれば定款認証を受けなければならない、定款には本店の住所を記載することになるのでオフィスの住所は必要になって来ます。ちなみに、自宅を本店の住所にすることもできるのですが、ホームページを設置したときなど自宅の住所がネットに流れるなどからもそれを不安に感じてしまう人も多い、住所のみで利用可能なバーチャルオフィスを使う経営者も少なくありません。バーチャルオフィスは、架空のオフィスなどの意味を持つ新しいオフィススタイルですが、住所のみの情報になりますので実際の仕事環境派別の場所で構築が必要です。

サービスを提供する会社にもよりますが、住所のみのバーチャルオフィスもありますし、レンタルオフィスのサービスの利用も可能なところもあるので仕事環境を構築したいときなどはレンタルオフィスのサービスや貸し会議室もしくはミーティングルームの利用ができるサービスを活用するのがおすすめです。なお、住所のみを借りることができるバーチャルオフィスは、定款に本店の住所を記載したいときにも有効ですし、このようなオフィスは都市部の一等地にサービスを提供している会社があるので自社の住所を一等地に設けられるなどの魅力もありますし、レンタルオフィスよりも利用料金が安いなども魅力もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です