バーチャルオフィスの利用料金について

事業を始める際にどうしても必要となる初期費用ですが、それらを抑えるためにおすすめなのがバーチャルオフィスです。近年では会社に行かなくても仕事ができる業務も少なくありませんが、住所を持たずに事業展開を行うことは困難なことが多々あります。そのため、実際の事務所は仕事に必要ないものの、住所や電話番号を取得したい場合に、手ごろな料金で提供してくれるのがバーチャルオフィスというサービスです。提供する企業によってサービス内容に違いはありますが、基本的なサービスは4つあります。

まずは住所の貸し出しで、実際の事務所や店舗の代わりとなります。住所に送られてくる郵便物の受け取りのほかに、郵便物をほかの住所に転送してくれる場合もありますが、有料オプションになってる企業もあるので契約時に確かめておきましょう。ほかは電話・FAX番号の利用や会議スペースの貸し出しで、どれも事業をスタートする際に必要となります。バーチャルオフィスの利用にかかる料金は、主に初期費用と月額費用の2つです。

初期費用は入会金とも呼ばれ5、500円程度が相場です。月額費用はサービスを提供する企業によって異なりますが、1、500円から3、000円程度となっています。また、さらに料金を支払うことで有料オプションのサービスを受けることが可能です。経理・労務などに関するサポートや法人登記の代行、秘書業務の代行など、便利なサービスがそろっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です