住所だけをレンタルできるバーチャルオフィス

近年では自宅をオフィス代わりにして個人でビジネスを始める人が増えてきていますが、そうした人たちの間で人気が高いのがバーチャルオフィスと呼ばれるサービスです。仕事のスタイルを変えることなく、オンとオフをしっかりと区別できるというのが人気の理由となっています。バーチャルオフィスはその名の通りオフィスを提供するサービスですが、いわゆる貸事務所のように実際の執務スペースを賃貸するわけではありません。利用者はサービス事業者と契約を取り交わし、その事業者が確保している事務所に社名等の入った看板を出してもらうと同時に、郵便物の受け取りなどを代行してもらいます。

しかしながら、利用者は実際にはその事務所に出勤することはなく、自宅など他の場所で仕事に就いています。つまり、バーチャルオフィスは名義上の住所だけをレンタルするサービスということになります。このようなサービスを利用するメリットは、何と言ってもコストが安いことです。もし実際にオフィススペースをレンタルするとなれば、月々の賃料に加えて敷金や保証金なの初期費用が必要になるうえ、什器類をそろえたり、交通費を負担して出勤したりしなくてはなりません。

しかしながら、バーチャルオフィスならそれらの費用は一切不要で、毎月低廉なレンタル料を支払うだけで済みます。ならば最初から自宅を名実ともにオフィスとして名乗れば良いではないかという話になりますが、人によっては同居する家族の事情などからそれが難しいケースもあります。また、郵便物などもビジネスとプライベートの区別なく一緒に届いてしまうと、整理が大変になってしまいます。バーチャルオフィスは、こうした課題を解決するのに適したサービスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です