レンタルオフィスで法人登記すれば初期費用が安い

会社を起業する際にはオフィスを持つ必要があります。自宅をオフィスとして法人登記することも可能ですが、家族と暮らしている場所をオフィスの所在地として公開することになります。仕事と生活との境が不明瞭になり、適正なワークライフバランスの維持も難しくなります。プライバシー保護の観点からも控えた方がいい選択と言えます。

自宅以外にオフィスを持つ場合に選択されることが多い方法は、賃貸物件を借りて法人登記をして使用する方法です。しかし、使用を始めるにあたって用意しなければいけない備品がたくさんあります。デスクや電話、インターネット回線の確保などさまざまなことに費用が必要になります。事業を始める際には、少しでもキャッシュを多く確保しておきたい状況になることが多いのである程度以上の資金力が求められます。

そういった際に便利なのがレンタルオフィスです。レンタルオフィスなら、オフィスとして使用を始めるために必要な備品は全て揃っています。インターネット回線もすぐに使える状況になっているところが多いです。またスタッフに関しても、受付などはレンタルオフィスの運営会社で対応していることも珍しくありません。

備品を揃える必要が無いのと同時に、新たなスタッフを採用する必要もありません。更に共用の施設を多く持っているところもあります。会議室などが備えられているところを選べば、人を招いて打ち合わせを行う際に場所に困ることもありません。もちろん、通常のオフィスと同様に法人登記をすることも可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です