バーチャルオフィスは料金の安さだけで決めていいのか

オフィスは業務をする上で必須でしたが、今は自宅やクライアント先など様々なところで仕事ができるようになっているため、オフィスを持たなくても問題ありません。ただ、登記する際に住所が必要になります。住所を得るために利用する企業が増えているのが、バーチャルオフィスです。都心の一等地の住所を得ることができるのは魅力です。

どこに住所があるかで企業の価値が変わることがあるので、都心の一等地に住所が欲しいと考えている企業は検討してみてください。バーチャルオフィスにすれば、オフィスを作るために費用がかからないこともメリットです。一般的なオフィスの場合、場所によっては1000万円くらいの初期費用がかかるケースがあります。バーチャルオフィスは敷金と礼金が不当ですし、入会金と保証金だけで安い料金で利用することが可能です。

料金は安いのですが、オプションを利用すれば高くなっていく仕組みになっています。会議や顧客と対応するためのスペースを用意しているところがあるので、利用する度に料金が発生します。安いだけで決めるのではなく、サービス内容を調べて、必要なサービスがあることも重視するべきです。また、過去に犯罪に使われた住所もあるので、仕事に問題なく使える住所なのか事前に調べておく必要があります。

知らないで使ってしまえば、企業の価値を低下させてしまうかもしれないです。インターネットで検索すれば、犯罪や詐欺などで使われた住所が出てきます。バーチャルオフィスの料金のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です