バーチャルオフィスなら初期費用が最安に抑えられます

バーチャルオフィスとは物理的実態を有さない仮想事務所のことであり、最安で事業用の住所を貸し出すサービスです。物理的スペースを貸し出すレンタルオフィスやシェアオフィスとは異なり、仕事をするスペースは別途用意する必要があります。事業者は郵便物を受け取ったり銀行口座を開設したり、登記したりする際に住所や所在地が必要で、取引先に住所を伝えなければならないケースもありますが、バーチャルオフィスを利用すれば自宅の住所を伝える必要はありません。サービス内容は大きく分けて二つあり、一つは基本料金に含まれるサービスですが、郵便物の受け取りや転送、電話番号やファックス番号の提供、会議室や打ち合わせスペースの利用等です。

もう一つは有料オプションとして提供されるサービスで、法人登記の代行や経理会計税務に関するサポート、融資補助金や助成金の申し込みサポートなどです。メリットは初期費用が抑えられることで、通常のオフィスを借りる場合は多額の費用が必要ですが、バーチャルオフィスなら数千円から数万円程度の最安の費用で事業用の住所を使用できます。開始までの期間も借りる手続きは通常2週間程度かかるところ、バーチャルオフィスなら最短即日で利用が可能です。また固定電話番号やファックス番号の導入サービスを提供している為、ご自身で各所に手続きを行う必要が無く効率的にビジネスを営むことができます。

さらに特定商取引法に基づく表記への記載ができるので、自宅の住所を公開する必要がなくプライバシーを守れます。税金面でもオフィスの利用料は全額事業を営む上で必要な経費として計上できる為、一定の費用が掛かっても確定申告を行うことで節税ができます。敷金や礼金も不要で、少額の入会金や保証金のみで利用できます。作業スペースを別の場所に確保されているなら、ぜひ最安でお得なバーチャルオフィスを検討されてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です