最安のバーチャルオフィスなら月額1500円前後

バーチャルオフィスとは日本語では仮想の事務所と訳されており、開業届を出したり郵便物を受け取ったりするための住所をレンタルできる事務所です。事業を始めたばかりの個人の振興事業でも都心の一等地を住所として法人登記でき、電話番号も転送機能を使えば東京03から始まる電話番号を利用できるので印象がよくなります。物理的なスペースを貸し出すレンタルオフィスやシェアオフィス、コワーキングスペースとは異なり、あくまで住所を借りたオフィスでありそこには仕事をするスペースはありません。会社登記や法人口座開設も可能、バーチャルオフィスの住所でビジネスカードも申し込め、スペースを借りないので最安で仕事場が借りられます。

個人事業主は自宅住所を会社の住所として登録するのがプライバシー面で心配という人もいるでしょうが、バーチャルオフィスなら個人情報が守られて安心です。バーチャルオフィスの需要の高まりとともに住所と電話番号のみの最安プランから、郵便物の転送サービスや会議室の貸し出しサービスの付いた高額プランまで様々な企画が生まれています。仮想オフィスなので交通便利な駅の近くを選ぶ必要はなく、都心など住所のブランド性だけで決められるのが最大のメリットです。費用相場は月額で最安1500円から、様々なオプションが付加された10000円プランまであり、事業形態を考えながら自分の事業にあったバーチャルオフィスを選ぶことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です