バーチャルオフィスとレンタルオフィスの違うところ

自宅でフリーランスとして働いていても、別の場所に住所を持ちたいと考えることもあるでしょう。そんなときに、バーチャルオフィスにするか、レンタルオフィスを利用するか迷う人は多いです。両方の違いとはどういったものなのかと気になっている人もいるかもしれません。レンタルオフィスは、机やインターネット回線、電話などのオフィス環境が整った個室スペースを借りられる場所です。

コストを抑えて自分だけのオフィスをもちたい、という人に向いています。法人登記ができるレンタルオフィスがほとんどなので、良い立地の場所を選べば、取り引き先や顧客からの信頼度のアップも狙えます。対してバーチャルオフィスがシェアスペースと違う面は、オフィススペースを借りることなく、運営会社の拠点となる住所や電話番号などだけを貸し出しできるという点です。ワークスペースを借りずに自宅で業務ができるため、レンタルオフィスよりも大幅に利用料金は安く抑えられます。

良い立地で法人登記をしたい、住所や電話のみ貸し出ししてもらえればいい、といった方に向いているオフィスサービスです。バーチャルオフィスの月額の利用料金は、2000円前後から利用できる場合が多いです。レンタルオフィスはワークスペースも借りることになるため毎月数万円の賃料がかかりますが、それに比べると断然コストパフォーマンスが高いでしょう。自宅を職場にしていたとしても、運営会社の拠点で住所や電話番号を登記できるため、自宅に会社関係の郵便物や配達便が届きませんし、問い合わせなどの電話もこないので家族に迷惑がかかることもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です