住所のみのバーチャルオフィスのメリットは?

会社を立ち上げたときには、作業環境を確保する目的で貸事務所を借りることになりますが、これは会社を登記するときの住所などでも利用することになるので、自宅を作業場にするときには貸事務所を借りる必要はありません。ただし、自宅の住所を本拠地として登録すると個人情報が漏えいするなどで住所のみを借りることができるバーチャルオフィスを使う人も多いようです。バーチャルオフィスは架空のオフィスであり住所のみをレンタル可能にしているため、仕事をするために空間は存在しません。そもそも、住所のみのバーチャルオフィスを利用する人とはどのような目的なのか気になる人も多いのではないでしょうか。

目的は色々ありますが、バーチャルオフィスの住所は都会の中でも一等地といえる場所であり、ホームページにその住所を掲載することで高額な家賃を払うようなオフィスに拠点を構えている会社などのように見られるようになります。特に、ネット通販などの場合は人気エリアに本店を置いていることで通販サイトの信頼性がアップするなどのメリットもあるわけです。これは通販サイトに限ったことだけでなく、会社が都心の一等地にあることでクライアントからの信頼を得られるようになるので、会社を立ち上げると同時に住所のみのバーチャルオフィスと契約を交わす、本店住所をその場所にして営業を始めることができます。なお、登記で利用できるの否かはサービスを提供している会社により異なるので事前確認が大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です