バーチャルオフィスの付加価値のあるサービス

バーチャルオフィスは住所を借りることができる、その住所は会社の本店の所在地として法人登記で使うことも可能です。一般的な会社の場合、このような住所を利用するとクライアントに知られてしまう、架空の住所を使っていることが分かると信頼を失うなどの理由から使う会社は少ないのですが、ネットビジネスなどのように会社に来客が来ないような業種では、都心の一等地の住所をホームページに掲載することで信頼性を高めることができる、このような理由からネットビジネスの業界などではバーチャルオフィスを使う人も多いといいます。最近のバーチャルオフィスは、単に住所だけをレンタルするサービスだけでなく電話秘書や郵便転送、貸し会議室など付加価値が付いたサービスを提供しているところも多くなっていて貸し会議室などの場合は実態があるものなので、従来と比べると在り方そのものに変化が起きているといっても良いのではないでしょうか。オフィスを借りることなくオフィス機能を使うことができるサービスで、電話秘書などの場自分たちが営業活動で外回りをしているとき、オフィスに掛かって来たで電話の代行を行うものです。

受け取った電話は、サービスを利用している会社経営者あてに転送が行われるため、外回りが多い職種の人などに最適なサービスといえます。貸し会議室は、バーチャルオフィスを利用している人が使えるもので、クライアントとの打ち合わせや折衝、社内のミーティングなど様々な用途で活用できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です