住所のみから付加価値あるバーチャルオフィス

バーチャルオフィスは仮想上に存在する事務所であり、レンタルオフィスと間違える人も多いようです。しかし、レンタルオフィスは作業スペースがあるので住所のみのバーチャルオフィスとは利用用途そのものが全く異なるのが特徴です。レンタルオフィスの場合は、作業スペースを提供すると同時にネット環境やビジネスホン、コピー機やファックスなどのOA機器の利用ができる、費用は別途発生するけれども貸し会議室などの提供も行われているので、一般的なオフィスを借りるのと同じような感覚で仕事ができるわけです。バーチャルオフィスは、住所のみになるので仕事場は別に確保する必要がありますが、自宅などの作業空間があれば住所のみをレンタルしても良いわけです。

住所は、サービスを提供する会社の拠点になる場所と同じで、利用する個人事業主や法人などは全て同一住所を使うことになります。そのため、同じ社名の会社は利用することはできないことになります。新会社法の法律では、同一住所に同じ会社が存在してはならない規定があるため、申し込みを行ったときに自社と同じ社名の会社が既にサービスを使っている場合は審査落ちします。最近は、バーチャルオフィスへの「需要が高くなっていることからも、住所のみだけでなく郵便物や電話の転送、来客対応や会議室の貸し出しなどオプションが用意されているところも多くなっています。

オプションを追加すると費用は多少高くなるけれども、レンタルオフィスを利用するよりも格安料金で使えるバーチャルオフィスが多くあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です